Our Story

Baristart coffee is a coffee stand where you can hear all about the milk produced in Hokkaido and its relation to the coffee scene in Japan.

What makes the best coffee?
Everyone believes that the most important thing in a good cup of coffee is the beans. Of course, we think so too and in fact, we are particular about coffee beans. We source high quality beans from roasters in both Tokyo and Sapporo to pair with our milk.

So then why is “milk” so important?
Because we were born and raised in Hokkaido and we grew up with an abundance of dairy.
Hokkaido’s dairy and livestock industry is the strongest in Japan . Over 50% of the milk in Japan is produced in Hokkaido. The cool climate and vast farmland make it ideal for raising cattle.

Since we were children we’ve seen hundreds of cattle roaming across the rich landscape of Hokkaido. A bottle of milk from Hokkaido has been always around us. We would like to show people around the world our lifestyle through a cup of coffee. With that in mind we decided to open a coffee stand which focuses on the uncompromising quality of milk from Hokkaido. That’s the reason why we opened “Baristart”.

Our head barista and resident milk connoisseur Yuuki Takeuchi visits the farms around Hokkaido every few months to gain a greater understanding of the dairy industry and also scope out some new milk for the shop.

While learning about different types of milk we also learned about the entire process of producing milk (how to sterilise the raw milk, milking time and so on)from farmers as they helped us find the right milk.

The milk we use comes from different types cows and different regions such as Jersey, Holstein, Guernsey etc. The most common in the world and 99% of cows in Japan are Holstein cows which are speckled with black and white spots. On the other hand, brown Jersey cows are slightly more unique. There are only eight hundred of heads of cattle in Hokkaido.The milk from these cows is very rich and includes a lot of butterfat and protein making it suitable for dairy products such as cheese and butter.

Eventually we selected two types of milk (including a pasteurised Jersey milk) and two types of coffee beans. Our Arabica coffee blend has strong acidity and a floral aroma and our Robusta coffee blend is a more on the darker, full bodied side.

Once all this came together in June 2015we opened our first cafe “Baristart Coffee Stand” located in Odori. Recently we’ve opened new shops at other locations around Hokkaido as our demand and interest increases. However we’re still making time to visit the farms and maintain a close relationship with our producers. As such we’ve still been able to source some new and exciting milk throughout the year. Occasionally we’ll run a guest milk such as Guernsey milk, this milk is quite uncommon due to the scarcity of both cows and the amount of milk they produce.

おいしいコーヒーとはなんだろう。 そのおいしさの入り口を、 私たち「BARISTART COFFEE」(バリスタート コーヒー)は ミルクから始めることにしました。 コーヒーと言えば、第一にコーヒー豆では? そんな問いかけが聞こえてきそうですが、 もちろん、豆はこだわり抜いています。 その上での、ミルクなのです。

では、なぜミルクなのか。 それは私たちが北海道をベースに 生まれ育ってきたからです。

北海道は全国一の酪農畜産王国です。乳牛の飼育に適した広い大地と涼しい気候に恵まれたことを背景に、国内で生産されているミルクのうち、北海道産の割合は50%以上に及んでいます。

見渡す限り牧場が続く広大な丘陵地帯。何百頭という乳牛が放牧されたその風景は、まさに牧歌的です。 その風景を日常のものとしながら、私たちの食卓にはいつも北海道産のミルクがありました。

そんな北海道のごく当たり前の風景を、コーヒーを入り口に、世界中の人に届けたい。 こだわり抜いた北海道産のミルクにフォーカスした、コーヒースタンドを作りたい。 この想いを胸に、私たちは「BARISTART COFFEE」を作ったのです。

「BARISTART COFFEE」の味は、ラテを軸に考えられました。
つまりミルクが主役になるようなコーヒーを提供したいと、現・「BARISTART COFFEE」グローバル・チーフ・バリスタの竹内雄基が自ら最高のミルクを求めて、道内の牧場を巡りました。

そして出合ったミルクが、十勝産・ジャージー種です。

そもそも、ミルクを作る乳牛には種類があります。ジャージー種、ホルスタイン種、ガンジー種、エアシャー種、 ブラウン・スイス種……など様々ですが、世界中で最も多く飼われていて、日本でも乳牛といえば、99%、あの黒と牛のまだら模様が特徴的な、ホルスタイン種です。

一方、ホルスタイン種に比べて、飼育されている頭数が限られたジャージー種は、道内でも800頭ほどしか飼育されていません。 ホルスタイン種より乳質が濃厚で、乳脂肪分やたんぱく質が高く、品質の良いチーズやバターなどの加工乳製品にも適していると言われるのが、ジャージー種なのです。

その結果、ミルクは生乳の風味が損なわれないよう、低温殺菌及び、中温殺菌処理した十勝産ジャージー種のミルクを主とした2種類の牛乳をセレクト。

またミルクとの相性を検証した上で、コーヒーの品種には、酸味が強く、花のような甘い香りのするアラビカ種のブレンドと、 東京のSS&W Co.,Ltd.の協力を得てしっかりとしたコクが特徴のロブスタ種のブレンドをセレクトしました。

最高のミルクを、最高に美味しいコーヒーで味わうために。

こうして2015年6月、私たちは札幌大通に「BARISTART COFFEE」1号店をオープンしました。

現在は店舗数も増え、少しずつ「BARISTART COFFEE」を認知いただくなかで、私たちの生産者を巡る旅と対話もまた、日々濃密になり、美瑛町産・ジャージー種など、道内各地からお届けできるミルクの種類も増えています。

So why are we called Baristart?

Our name “Baristart” comes from the words Barista and start. “Start”comes from our desire to nurture professional baristas who get their ‘start’ at Baristart coffee.

As baristas, our job is not only making tasty coffee with beautiful latte art, but also exploring farms and dialogues with both our producers and our customers to ensure the quality of our coffee.We value these dialogues about coffee and everything that goes along with it.

Our staff share their passion for coffee with our customers both from Japan and from abroad as they go about their day. We aim to make coffee a part of our customers daily lives just as much as it is a part of ours.

「BARISTART COFFEE」は、“バリスタ”とラテアートの“アート”、“スタート”から名付けられた造語です。“スタート”という言葉には、ここから優秀なバリスタを輩出したいという想いが込められています。

お客様の気分に合った、美味しいコーヒーを淹れる。美しいラテアートを生み出す。「BARISTART COFFEE」でのバリスタの仕事は、それだけではありません。

時にはお店を出て、牧場を巡り、生産者と対話を重ねて信頼関係を築く。
そこで作り手の想い、良質なミルクが生まれる理由を知る。

つまり「BARISTART COFFEE」とは、コーヒーとともにコーヒーの周辺にある物語を伝えていくことを大切にしている コーヒースタンドです。

北海道育ちである私たちの取り組みが、1杯のコーヒーを通じて国内外に届き、そこでまた、ローカライズされながら受け繋がれていく。

そんな夢を描きながら、「BARISTART COFFEE」は今日もまた、お客様の日常に寄り添う1杯のコーヒーをお届けしていきます。

Contact

You are able to make an inquiry from the following link. If you inquire on weekends and national holidays, we will reply to you on the next business day. Response time will vary based on the nature of your enquiry. We kindly ask for your understanding

お問い合わせは、下記リンク先より承っております。土日祝のお問い合わせに関しましては、翌平日営業日以降のご返信となります。また、お問い合わせ内容により、ご返信に数日頂く場合がございます。あらかじめご了承ください。

CONTACT